お問い合わせ・入会申込み

EVENT

20214

427(火)

「批評的視座の獲得とストーリーテリング/自宅から半径5km以内にある場所について書く」【PLANETS School】

2021年4月27日(火)

「批評的視座の獲得とストーリーテリング/自宅から半径5km以内にある場所について書く」【PLANETS School】

2020年1月より実施してきた評論家・PLANETS編集長の宇野常寛がこれまで身につけてきた〈発信する〉ことについてのノウハウを共有する限定講座「PLANETS School」。 理論篇 第4回は、自分の体験を考察するために必要な「批評的視座」と考察を文章に昇華するために必要な「ストーリーテリング」を評論家 PLANETS編集長の宇野常寛が教えます! 同日開催する「PLANETS School 添削篇」と合わせて受講すると、実践を通してスキルも身につけることができます。こちらも合わせて、ご参加ください! =========================================== ▼「遅いインターネット会議」とは? Micro STARs Dev.のプロデューサーでもあるPLANETS編集長・宇野常寛さんによる、「遅いインターネット」計画に向けた、新しい思考の場です。 ▽宇野常寛さんからのコメント ――――――――――――――――――――――――― 「遅いインターネット」計画の一貫として、政治からサブカルチャーまで、ビジネスからアートまでさまざまな分野の講師を招き、参加者と共に考える場を構築します。 新聞やテレビといったオールドメディアは物足りない、しかし今日の「速すぎる」インターネットの空疎さにも付き合いきれない。こうした読者によりアクティブな学びを提供し、自由な問題設定と多角的な思考を共有することが目的です。そのために日常の中に少しだけ、しかし確実に世の中とは近過ぎない、しかし離れすぎない中距離を置いた思考の場を用意しました。 ぜひ、毎週火曜日の夜は予定を空けて、自分の世界を少しずつ広げることに挑戦してください。 ――――――――――――――――――――――――― 宇野さんの最新著作、「遅いインターネット」は必読です!! ぜひ著作をご覧の上ご参加ください。 ▼注意事項 本イベントは、緊急事態宣言が解除された場合にはオフライン・オンライン同時で開催予定です。SAAI会員は現場での視聴も可能です。視聴をご希望される方は当日直接SAAIまでお越しください。 SAAI会員ご本人以外の視聴、URLを転送・転記等、SAAI会員以外の方へ公開する行為は一切お断りします。 (有料動画を、SAAI会員向けに特別に無償で公開いただいております)

421(水)

「『地域』の生活から政治を考える」ゲスト:市倉加寿代×こまざき美紀【遅いインターネット会議】

2021年4月21日(水)

「『地域』の生活から政治を考える」ゲスト:市倉加寿代×こまざき美紀【遅いインターネット会議】

※本イベントはSAAI会員限定です。動画の視聴にはパスワードが必要です。一番下の注意事項をお読みのうえ、ご参加ください※ 視聴用パスワード:3ozyghznujk 国会審議で取り上げられ、流行語大賞トップテンにも入った「保育園落ちた日本死ね」の問題提起から5年。コロナ禍によるステイホーム環境が長引く中で、いま子育て支援や医療、福祉を中心とする地方行政は、どのように変化し、どのような課題を抱えているのでしょうか。 友人の双子育児の壮絶さを見たことをきっかけに政治家に課題を伝え、多胎児家庭支援の制度創設に結びつけた認定NPO法人フローレンスの市倉加寿代さん、地方公務員として15年間働きながら地域団体「北区はたらくママ★ネット」の設立をはじめ、様々な地域活動への取り組みをもとに、東京都北区議会議員として活動するこまざき美紀さんをお迎えし、生活環境に直接アクセスできる地域政治の場から、諦めずに日本社会を改善していくための道筋を探ります。 ▼登壇者プロフィール 市倉加寿代(認定NPO法人フローレンス/多胎育児のサポートを考える会) 1984年、東京生まれ。2017年、認定NPO法人フローレンスに入職し、代表室所属。2019年秋、個人で設立した「多胎育児のサポートを考える会」の代表として、フローレンスと共に多胎児家庭アンケートを実施。多胎育児への支援拡充を求め、関係省庁・機関への要望書提出などの活動に取り組んでいる。 こまざき美紀(東京都北区議会議員 / 北区はたらくママ★ネット代表) 1979年生まれ、北区赤羽在住。 福島県出身。2013年、地域団体「北区はたらくママ★ネット」設立。自身が産後うつぎみになった経験から、そのようなママを増やさぬよう、語り場を開催。2018年、地域の課題により向き合うべく、子育て支援のNPOに勤務。2019年より北区議会議員。史上最多の7335票を賜り、トップ当選を果たす。子ども食堂運営スタッフ、児童養護施設「星美ホーム」応援団、グリーンバード赤羽チーム ママリーダーも務める。 司会:宇野常寛(評論家・PLANETS編集長) 1978年生まれ。評論家として活動する傍ら、文化批評誌『PLANETS』を発行。主な著書に『ゼロ年代の想像力』(早川書房)、『リトル・ピープルの時代』(幻冬舎)、『日本文化の論点』(筑摩書房)、『母性のディストピア』(集英社)、『遅いインターネット』(幻冬舎)ほか多数。 ▼「遅いインターネット会議」とは? Micro STARs Dev.のプロデューサーでもあるPLANETS編集長・宇野常寛さんによる、「遅いインターネット」計画に向けた、新しい思考の場です。 ▽宇野常寛さんからのコメント ――――――――――――――――――――――――― 「遅いインターネット」計画の一貫として、政治からサブカルチャーまで、ビジネスからアートまでさまざまな分野の講師を招き、参加者と共に考える場を構築します。 新聞やテレビといったオールドメディアは物足りない、しかし今日の「速すぎる」インターネットの空疎さにも付き合いきれない。こうした読者によりアクティブな学びを提供し、自由な問題設定と多角的な思考を共有することが目的です。そのために日常の中に少しだけ、しかし確実に世の中とは近過ぎない、しかし離れすぎない中距離を置いた思考の場を用意しました。 ぜひ、毎週火曜日の夜は予定を空けて、自分の世界を少しずつ広げることに挑戦してください。 ――――――――――――――――――――――――― 宇野さんの最新著作、「遅いインターネット」は必読です!! ぜひ著作をご覧の上ご参加ください。 ▼注意事項 本イベントはオンライン配信イベントです。SAAI会員は現場での視聴も可能です。視聴をご希望される方は当日直接SAAIまでお越しください。 SAAI会員ご本人以外の視聴、URLを転送・転記等、SAAI会員以外の方へ公開する行為は一切お断りします。 (有料のコンテンツを、SAAI会員向けに特別に無償で公開いただいております)

413(火)

「3.11から考える『失敗の本質』ゲスト:西條剛央【遅いインターネット会議】

2021年4月13日(火)

「3.11から考える『失敗の本質』ゲスト:西條剛央【遅いインターネット会議】

※本イベントはSAAI会員限定です。動画の視聴にはパスワードが必要です。一番下の注意事項をお読みのうえ、ご参加ください※ 視聴用パスワード:okz8zhy197g 東日本大震災から10年が過ぎました。強烈な地震と津波による未曾有の自然災害は、原発事故の誘発をはじめ、戦後日本に潜むさまざまな欠陥をも露呈させたように見えます。 日本社会の組織的体質にもとづく人災としての側面に光を当てるとき、現在もコロナ禍という危機の舵取りを余儀なくされている私たちは、この震災から何を学べるのでしょうか。 今回は、新著『クライシスマネジメントの本質 本質行動学による3.11 大川小学校事故の研究』にて、多くの児童が逃げ遅れて犠牲になった宮城県石巻市大川小学校の事例から教育行政の組織的過失を分析した西條剛央さんをお招きし、コロナ渦にも適用できるマネジメントの本質論について考えます。 ぜひ書籍と一緒に、議論にご参加ください。 ▼登壇者プロフィール 西條剛央(エッセンシャル・マネジメント・スクール代表)  1974年宮城県仙台市生まれ。若手研究者の登竜門といわれる日本学術振興会特別研究員DCおよびPDを経て、最年少で早稲田大学大学院(MBA)専任講師、客員准教授を歴任。2019年より現職。2011年の東日本大震災に際して、独自に体系化した構造構成主義(本質行動学)をもとに日本最大級となる総合支援ボランティア組織を実現。2014年、Prix Ars Electronicaのコミュニティ部門において、WWWやウィキペディアが受賞した最優秀賞「ゴールデン・ニカ」を日本人として初受賞。「ベストチームオブザイヤー2014」受賞。大川小学校の事故の研究を契機として立ち上げた「スマートサバイバープロジェクト」で、ネパール地震、熊本地震をはじめとする災害支援を実現し、「最優秀グッド減災賞」「NPOの社会課題解決を支えるICTサービス大賞」受賞。著書に『構造構成主義とは何か』(北大路書房)、『質的研究とは何か』(新曜社)、『人を助けるすんごい仕組み』(ダイヤモンド社)、『チームの力』(筑摩書房)、新刊に『クライシスマネジメントの本質—本質行動学による3.11 大川小学校事故の研究』などがある。 ・西條剛央のオンラインサロン「エッセンシャル・マネジメント・スクール」https://yakan-hiko.com/meeting/ems/ ・本質行動学を学ぶ世界で初めてのスクール「Essential Management School」https://essential-management.jimdofree.com/ =========================================== ▼「遅いインターネット会議」とは? Micro STARs Dev.のプロデューサーでもあるPLANETS編集長・宇野常寛さんによる、「遅いインターネット」計画に向けた、新しい思考の場です。 ▽宇野常寛さんからのコメント ――――――――――――――――――――――――― 「遅いインターネット」計画の一貫として、政治からサブカルチャーまで、ビジネスからアートまでさまざまな分野の講師を招き、参加者と共に考える場を構築します。 新聞やテレビといったオールドメディアは物足りない、しかし今日の「速すぎる」インターネットの空疎さにも付き合いきれない。こうした読者によりアクティブな学びを提供し、自由な問題設定と多角的な思考を共有することが目的です。そのために日常の中に少しだけ、しかし確実に世の中とは近過ぎない、しかし離れすぎない中距離を置いた思考の場を用意しました。 ぜひ、毎週火曜日の夜は予定を空けて、自分の世界を少しずつ広げることに挑戦してください。 ――――――――――――――――――――――――― 宇野さんの最新著作、「遅いインターネット」は必読です!! ぜひ著作をご覧の上ご参加ください。 ▼注意事項 本イベントは、緊急事態宣言が解除された場合にはオフライン・オンライン同時で開催予定です。SAAI会員は現場での視聴も可能です。視聴をご希望される方は当日直接SAAIまでお越しください。 SAAI会員ご本人以外の視聴、URLを転送・転記等、SAAI会員以外の方へ公開する行為は一切お断りします。 (各回1,000円の有料動画を、SAAI会員向けに特別に無償で公開いただいております)

49(金)

【オンライン・無料】0→1night / ベンチャーで働く魅力とは何か? 〜 ベンチャーで働く魅力を今一度考える 〜

2021年4月9日(金)

【オンライン・無料】0→1night / ベンチャーで働く魅力とは何か? 〜 ベンチャーで働く魅力を今一度考える 〜

【オンライン・無料】0→1Night ベンチャー企業で働くのか、それとも既存の企業(大手・中堅企業等)で働くのかを考えている、悩んでいる方は多いと思います。もちろん、全てにおいてメリット・デメリットはございます。今回は今一度、ベンチャー企業で働くことの魅力に関して礼賛だけではなく、良いところも悪いところも本音で語ります。是非、この機会にご視聴ください! 01Start第二期を募集中です!詳しくはこちらをご参照ください。 ▼おすすめの参加者 ・ベンチャーで働きたい方、働かれている方 ・将来的なキャリアを考えている方、ベンチャーに興味のある方 ・ベンチャー企業か一般企業で働くかを悩んでいる方 ・事業創造に興味のある方 ▼トークテーマ(変更する可能性がございます) ・ベンチャー(スタートアップ)を取巻く社会の変化 ・ベンチャーで働くことのメリット、デメリット、具体的な話し ・ベンチャーで働くことは本当に魅力的なのか? ▼登壇者 ☆ 平岡 仁志 ☆ 株式会社ゼロワンブースター / ディレクター 2004年、新卒で自動車内装部品会社に入社。主にトヨタ自動車に対する内装部品の営業・企画・生産準備・品質管理等に従事。2007年、幅広く業務を経験する中で自身のキャリアの幅を拡げるため、日本GE Commercial Financeへ転職。中小企業を中心にリース・保険等の金融サービスのソリューション営業を担当。その後、リーマン・ショックの影響から、社会性・公共性・成長性の高い業界への転職を決意。2009年、医療系ベンチャーの株式会社エス・エム・エスに転職。同年12月、エムスリー株式会社との合弁会社、エムスリーキャリア株式会社の立ち上げに参画し、医師転職支援のキャリアコンサルタントとして、紹介事業立ち上げに従事。オペレーション構築、複数の大手医療グループとの取引拡大、事業提携等で医師人材紹介事業の拡大に貢献。2015年9月、独立。グロービス経営大学院MBA。☆ ☆渡邊明日香 ☆ 株式会社ゼロワンブースター / コミュニティチーム 同志社大学卒業後、新卒で紙媒体中心の広告代理店へ入社。インサイドセールスを経験し、営業として新聞掲載・同封同梱を扱い新規開拓、既存企業の広告運用を担当。2020年7月より01Boosterに参画。 ▼ ナビゲーター ・合田 ジョージ 株式会社ゼロワンブースター / 共同代表・取締役 MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計、国際アライアンスや海外製造によるデザイン家電の商品企画。村田製作所にて、北米およびMotorolaの通信デバイス技術営業後、通信分野の全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社のマーケティングや海外展開を指揮、KDDIグループによる買収後には、M&Aの調整、グループ子会社の海外戦略部部長。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレーターをアジアで展開中。 ▼参加費 無料 ▼参加方法 エントリー頂きましたら、イベントに参加(Join Event)でYoutubeで配信予定です。 開始時間になりましたら、ご参加下さい。 質問はSlidoを使ってお受けします。当日のオンライン配信のときにSlidoのコードをお伝えします。 https://www.sli.do/ ※ 時間の都合で質問を受け付けない可能性もあります。 ▼配信場所 登壇者もリモート・オンラインにて参加となります。 ▼SAAIに関して 現在ゼロワンブースターはSAAI運営としてサポートしております コミュニティスペースSAAI(読み方:サイ) https://yurakucho-saai.com/ ▼その他 ・オンライン配信を視聴できるのは、事前にご登録いただいた方のみとなります。 ・オンライン配信内容の録画、録音、撮影についてはお断り致します。 ・映像や音声が乱れる場合もございます。予めご了承ください。 ・終了時刻は目安となります。予定時刻が前後する可能性がございます。

48(木)

【オンライン・無料】0→1night / 起業の魅力とは何か? 〜 起業の魅力を今一度考える 〜

2021年4月8日(木)

【オンライン・無料】0→1night / 起業の魅力とは何か? 〜 起業の魅力を今一度考える 〜

【オンライン・無料】0→1Night 社内起業 vs 起業の文脈で語られることが多いでしょうが、類似性はあるものの、実はこれは全く別のもの、別の能力、別の資質ではないかと考えております。マクロでいうと起業が増えたほうが経済的に良いのは事実でしょう。一方で、特にスタートアップ型の起業の成功確率が低いのも事実です。そのような中で「起業の魅力とは何か?」を今一度考えます。是非、この機会にご視聴ください。 01Start第二期を募集中です!詳しくはこちらをご参照ください。 ▼おすすめの参加者 ・起業をされたい方、されている方 ・起業チームに参加されない方、されている方 ・社内起業か起業するかを悩んでいる方 ・事業創造に興味のある方 ▼トークテーマ(変更する可能性がございます) ・起業、スタートアップを取巻く社会の変化 ・起業のメリット、デメリット ・起業は本当に魅力的なのか? ▼ 登壇者 ・合田 ジョージ 株式会社ゼロワンブースター / 共同代表・取締役 MBA、理工学修士。東芝の重電系研究所・設計、国際アライアンスや海外製造によるデザイン家電の商品企画。村田製作所にて、北米およびMotorolaの通信デバイス技術営業後、通信分野の全社戦略に携わる。スマートフォン広告のNobot社のマーケティングや海外展開を指揮、KDDIグループによる買収後には、M&Aの調整、グループ子会社の海外戦略部部長。現在は01Boosterにて事業創造アクセラレーターをアジアで展開中。 ▼参加費 無料 ▼参加方法 エントリー頂きましたら、イベントに参加(Join Event)でYoutubeで配信予定です。 開始時間になりましたら、ご参加下さい。 質問はSlidoを使ってお受けします。当日のオンライン配信のときにSlidoのコードをお伝えします。 https://www.sli.do/ ※ 時間の都合で質問を受け付けない可能性もあります。 ▼配信場所 登壇者もリモート・オンラインにて参加となります。 ▼SAAIに関して 現在ゼロワンブースターはSAAI運営としてサポートしております コミュニティスペースSAAI(読み方:サイ) https://yurakucho-saai.com/ ▼その他 ・オンライン配信を視聴できるのは、事前にご登録いただいた方のみとなります。 ・オンライン配信内容の録画、録音、撮影についてはお断り致します。 ・映像や音声が乱れる場合もございます。予めご了承ください。 ・終了時刻は目安となります。予定時刻が前後する可能性がございます。

46(火)

「〈拡張後〉の身体とそれらのつくる社会を考える」ゲスト:稲見昌彦×吉藤オリィ【遅いインターネット会議】

2021年4月6日(火)

「〈拡張後〉の身体とそれらのつくる社会を考える」ゲスト:稲見昌彦×吉藤オリィ【遅いインターネット会議】

※本イベントはSAAI会員限定です。動画の視聴にはパスワードが必要です。一番下の注意事項をお読みのうえ、ご参加ください※ 視聴用パスワード:hzi19zykhlo 地球規模のパンデミックが日常化することで、リモートツールやVR/ARといった技術の定着をはじめ、かつてない勢いで生活環境のDX(デジタルトランスフォーメーション)が加速しています。私たちの身体感覚が否応なく〈拡張〉させられていくなか、この変化を良きものにするためには、どんな社会を構想していくべきなのでしょうか。 人間拡張工学・超人スポーツ提唱の第一人者で、コロナ禍以降の新たな身体像を展望した共著『自在化身体論』が話題の稲見昌彦さん、分身ロボット「OriHime」をはじめ多様なかたちのコミュニケーションを媒介するロボットの開発を推進する吉藤オリィさんをお迎えし、身体の束縛からの解放を目指すテクノロジーの使いこなし方を考えます。 ▼登壇者プロフィール 稲見昌彦(東京大学先端科学技術研究センター教授) 1972年生。一般社団法人超人スポーツ協会共同代表。専門は人間拡張工学、バーチャルリアリティ、エンターテインメント工学。「光学迷彩」をはじめ五感に働きかけるインタフェースを多数開発。人と機械を融合させテクノロジーの力で「超人」と化した人間が人機一体でプレイする「超人スポーツ」を提唱。著書に『スーパーヒューマン誕生!人間はSFを超える』(NHK出版新書)、『自在化身体論』(NTS出版)他。 吉藤オリィ(株式会社オリィ研究所 代表取締役所長) 奈良県葛城市出身。小学5年~中学3年まで不登校。高校時代の3年間、行った電動車椅子の新機構の発明により国内最大の科学コンテストJSECにて文部科学大臣賞、世界最大の科学コンテストIntel ISEFにてGrand Award 3rd を受賞、その後寄せられた相談と自身の療養経験から「孤独の解消」を志す。 早大在学中に自分の研究室を立ち上げ、分身ロボット「OriHime」を開発し2012年株式会社オリィ研究所を設立、代表取締役所長。 ALS患者のための意思伝達装置「OriHime eye」、車いすユーザーの為のバリアフリーマップ「WheeLog!」、寝たきりでも働ける「分身ロボットカフェ」そのほか視線入力車いすなどを開発。 デジタルハリウッド大学大学院特任教授、一般社団法人WheeLog知識顧問、WITHALS技術顧問を務める。著書に『孤独は消せる』『サイボーグ時代』。 司会:宇野常寛(評論家・PLANETS編集長) =========================================== ▼「遅いインターネット会議」とは? Micro STARs Dev.のプロデューサーでもあるPLANETS編集長・宇野常寛さんによる、「遅いインターネット」計画に向けた、新しい思考の場です。 ▽宇野常寛さんからのコメント ――――――――――――――――――――――――― 「遅いインターネット」計画の一貫として、政治からサブカルチャーまで、ビジネスからアートまでさまざまな分野の講師を招き、参加者と共に考える場を構築します。 新聞やテレビといったオールドメディアは物足りない、しかし今日の「速すぎる」インターネットの空疎さにも付き合いきれない。こうした読者によりアクティブな学びを提供し、自由な問題設定と多角的な思考を共有することが目的です。そのために日常の中に少しだけ、しかし確実に世の中とは近過ぎない、しかし離れすぎない中距離を置いた思考の場を用意しました。 ぜひ、毎週火曜日の夜は予定を空けて、自分の世界を少しずつ広げることに挑戦してください。 ――――――――――――――――――――――――― 宇野さんの最新著作、「遅いインターネット」は必読です!! ぜひ著作をご覧の上ご参加ください。 ▼注意事項 本イベントは、緊急事態宣言が解除された場合にはオフライン・オンライン同時で開催予定です。SAAI会員は現場での視聴も可能です。視聴をご希望される方は当日直接SAAIまでお越しください。 SAAI会員ご本人以外の視聴、URLを転送・転記等、SAAI会員以外の方へ公開する行為は一切お断りします。 (有料のコンテンツを、SAAI会員向けに特別に無償で公開いただいております)

ACCESS 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル10階 JR「有楽町駅」より徒歩1分、東京メトロ有楽町線「有楽町駅」直結

image

01Booster

image

Micro Stars Dev.

image

micro FOOD&IDEA MARKET